JAの活動 ニュース詳細

2016.05.12 
買って熊本農業の支援を 東京・大手町のJAビルでPR一覧へ

 東京・大手町のJAビル内の農業・農村ギャラリーミノーレは5月12日、「がまだせ!熊本!まるしぇ」のイベントを行った。JA全中が熊本地震で被害を被った熊本の農業を支援し、元気づけようというもので、スイカやメロン、トマトなどの青果物を中心にデコポンゼリーや干しいもなどの加工品をPRした。「がまだせ」は熊本の方言で「元気出せ」の意味。イベントは13日まで。

来客で賑わう「がまだせ熊本」のイベント(東京・大手町のJAビル) 熊本県の農産物は今、スイカ、メロン、トマトなどが出荷のピーク。「まるしぇ」の会場は午前11時から、客で賑わい、JAかみましきの小玉スイカなど、昼休みには売り切れる品物もでるほどの盛況だった。
 JA熊本経済連東京事務所の小島裕二所長は「昨年も開いたが、今回は桁違いのお客さんで驚いている。地震から1か月たち、青果物の出荷は通常に戻っているが、田植えのできないところも多く、農家の落胆は大きい。熊本県産を買って食べていただくことが、ストレートに所得につながり、農家を元気づけることになる」と訴える。
 会場を訪れたJA全中の奥野長衛会長は「現地を見たが、悲惨な状況にある。農家はつかれており、農産物が出荷できるか心配し、全国のJAやJA全国組織からも職員を派遣して支援している。熊本の農産物をしっかり食べて応援してほしい」と呼び掛けた。来客で賑わう「がまだせ熊本」のイベント(東京・大手町のJAビル)2
(写真)来客で賑わう「がまだせ熊本」のイベント(東京・大手町のJAビル)、まるしぇを訪れた奥野JA全中会長、まるしぇで並ぶ熊本の農産物

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
熊本地震で特例措置 貸付限度額引き上げなど 日本公庫 (16.05.12)

【熊本地震】作付転換と被災集出荷施設の補修など支援策実施-農水省 (16.05.12)

【熊本地震】農林水産関係被害1085億円超-農林水産省 (16.05.10)

【熊本地震】農林水産業被害1022億円-熊本県 (16.05.09)

【熊本地震】水稲からの作付け転換に緊急支援を-蒲島知事要請 (2016.05.9)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ