左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【熊本地震】農林水産関係被害1085億円超-農林水産省2016年5月10日

一覧へ

 農林水産省は5月9日、平成28年熊本地震による農林水産関係被害を公表した。同日午前10時現在で1085億円となっている。

 9日に開かれた農林水産省の緊急自然災害対策本部第6回会合で森山農相は「現在も余震が続いており、現時点で1100億円程度の被害額になるのではないかといわれているが、さらに増加するのではないかと考えている」と見通しを述べ、同時に現地視察では広域かつ甚大な被害が出ているが「被災された農林水産業に従事しておられるみなさんが再生産に(向けて)がんばろうという気持ちを持っておられることを力強く思った。しっかり支えることが大事なことではないかと思っている」として被害状況と合わせて支援対策も公表した。
 農林水産省の被害状況のまとめは熊本県と大分県のほか報告が上がっている計7県の被害をまとめたもの。
 農作物への被害は熊本と大分が発生し▽農作物の損傷195ha(被害額1.1億円)、▽家畜の斃死等54万1330頭羽(同9.8億円)、▽共同利用施設の損壊等185か所(同142.9億円)、▽農業用ハウスの損傷113件(同5.2億円)、▽畜舎等の損壊1163件(同127.6億円)となった。合計で286.6億円となった。
 農地・農業用施設関係の被害では農地の損壊3035か所(同88.2億円)、農業用施設等の損壊3158か所(同401.7億円)など計489.9億円となった。
 このほかに林地荒廃など林野関係被害289.1億円、水産関係被害20.1億円が報告されており、併せて1085.6億円となった。
 熊本県内では水田の作付けに向けて引き続き調査を実施するとともに、被害の査定前に復旧工事を着工している。
 このうち約2000haが断水していた菊池台地地区は、土地改良区等による迅速な応急工事を実施しており、5月中旬には全面的に通水が可能となる見込みとなっている。
 また、県管理の農地海岸は12海岸で堤体の沈下と亀裂を確認。復旧工事については9日の蒲島知事の要請もふまえて国の直轄代行で実施する方向で検討している。

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
【熊本地震】農林水産業被害1022億円-熊本県 (16.05.09)

【熊本地震】水稲からの作付け転換に緊急支援を-蒲島知事要請 (2016.05.9)

【熊本地震】CE・RC被害 熊本・福岡・大分で31件 (2016.04.28)

熊本地震被災者に炊き出し支援 サタケ (16.04.27)

熊本地震 激甚災害指定 農業への国庫補助率嵩上げ 農水省 (16.04.26)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る