JAの活動 ニュース詳細

2017.03.01 
JA全農 スシローの株式取得へ一覧へ

40億円を出資

 JA全農は3月1日、回転寿司チェーン業界最大手「あきんどスシロー」の親会社である(株)スシローグローバルホールディングスの株式取得を検討していると発表した。

JA全農 スシローの株式取得へ (株)スシローホールディングス(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO:水留浩一)は3月30日に東証に再上場する予定だが、同日に同社株式の一部取得を検討している。
 取得する株式は普通株式で取得上限金額は40億円としている。
 JA全農は業務用向けの多収性品種(茨城の「ふくまる」、滋賀の「レーク65」など)の生産をJAとともに全国の産地で進め、全農パールライスを通じて国産米の安定調達を求める回転寿司スシローの原料用米として提供、安定した契約によって生産者の所得向上を図ってきた。
 スシローは全国に回転寿司店を442店、韓国に6店舗出店している(2016年9月30日現在)。
 JA全農は自己改革の一環として今後もこのような取り組みを展開し、外食事業者や食品メーカーと連携して国産農畜産物のを安定的に消費者に届けるとしている。

(関連記事)
【JA全農がめざすもの】第4回米穀事業 業務用需要と安定契約 農家の経営発展めざす (14.10.07)

「寿司屋」の志、産地との提携で (14.10.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ