JAの活動 ニュース詳細

2018.01.26 
農協運動の仲間たちが熱く集う!一覧へ

 農協協会恒例の「新春特別講演会(農業協同組合研究会、新世紀JA研究会との共催)と、農協協会・農業協同組合新聞の「新年の集い」が1月26日、東京・大手町で開かれ、JAグループ関係者や研究者、関連事業者など多数の人たちが出席した。

nous1801260901.jpg

 「新春特別講演会」は佐藤喜作農協協会会長、梶井功農協研究会会長(元東京農工大学名誉教授)、八木岡努新世紀JA研究会代表が挨拶。その後、「米ビジネスからみた日本農業」をテーマに、藤尾益男(株)神明代表取締役社長が、「中国の外食から見た日本米」をテーマに、味千ホールディングの馬場祥博事業発展総経理が、日本の米や農業に対する期待と新しい可能性について熱く語った(詳細後日)。
 講演会後の新年の集いでは、主催者を代表して佐藤会長が「和食が世界的なブームになりつつあるいま、国内を見ると逆に和食が衰退している」との危機感を示す一方で、独特のユーモアを交えながら今年一年が良き年となるよう、参加者にエールを送った。
 来賓として挨拶は肱岡弘典JA全中常務理事、八木岡新世紀JA研究会代表、山田俊男参議院議員が挨拶。
 乾杯の音頭は梶井功氏がとった。その後、ジャーナリストの堤未果氏、川田龍平参議院議員、藤尾(株)神明社長、玉木雄一郎希望の党代表、村田興文インナーブレイン(株)代表取締役社長(元シンジェンタ・ジャパン会長)、加藤一郎元JA全農代表理事専務が挨拶した。
 その後、懇親に入り、恒例となったアトラクションで会場は笑顔に包まれ大いに盛り上がった。そして、参加者全員による唱歌「ふるさと」を斉唱、森島賢農協協会副会長が閉会の挨拶をし、新年の集いは幕を閉じた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ