JAの活動 ニュース詳細

2018.02.19 
群馬たのふじのイチゴなどをPR一覧へ

・みのりみのるマルシェを銀座三越で開催

 JA全農は2月24日、「みのりみのるマルシェ」の一環として、「群馬県たのふじの実り」を東京・銀座の三越で開催する。

イチゴ「やよいひめ」 当日は同県育成品種の大粒でまろやかな甘みが特徴の「やよいひめ」や冬から春の日照時間の長さと乾燥した空気によって美味しく育ったトマト「ふじ娘」など10種類以上の野菜、果物、加工品などを販売する。
 JAたのふじは、都心から100㎞圏内の関東平野北端に位置し、同県南西部の藤岡市、高崎市新町、同吉井町、多野郡神流町、同上野村からなる。この地域は世界文化遺産となった高山社跡や七輿山古墳、関東管領上杉氏の拠点の平井城、馬庭念流道場など多くの文化・名所をもつ地域。

(写真)イチゴ「やよいひめ」

 
トマト「ふじ娘」 また水と緑に恵まれ、園芸作物や米、麦、畜産、花きなど、さまざまな高品質な農産物が生産されている。
 みのりみのるマルシェは、月刊「AGRIFUTURE」で紹介した地域の旬の食材や生産者の想い、受け継がれた文化などをTAC(地域農業の担い手に出向くJAの担当者)や生産者が直接紹介する催し。

(写真)トマト「ふじ娘」

 

 ○問い合わせ先:JA全農耕種総合対策部開発企画室
 ○電話:03-6271-8156

 
シンビジューム【みのりみのるマルシェ・群馬県たのふじの実りの概要】
○日時:2月24日午前10時30分から午後6時まで。
○場所:銀座三越9階テラス(東京都中央区銀座4-6-16)
○販売品目:イチゴ・やよいひめ、トマト・ふじ娘、キュウリ、洋ラン・シンビジューム、なめこ、タラの芽、ふきのとう、かき菜、古代米、ヒラタケ、原木しいたけなど。

(写真)シンビジューム

 

(関連記事)
米紛の魅力を児童に 超人シェフのスーパー給食(18.02.16)
先進的な麦作農家と集団を表彰 ―全国麦作共励会中央表彰式―(18.02.01)
秋の味覚で、市場関係者と意見交換会 JA前橋市(17.10.19)
「群馬県 前橋市の実り」を銀座で開催 JA全農(17.09.19)
【JA人事】JA太田市(群馬県)(5月30日)(17.06.01)
第15回 なぜ農民塾や農協(JA)の研究会を指導し推進してきたのか(17.05.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ