左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

旬のイチゴや新鮮な野菜を即売 「JAまるしぇ in JA共済ビル」2019年2月1日

一覧へ

 JA共済連は1月31日、恒例の「JAマルシェ in JA共済ビル」を開催した。6回目となる今回は、旬のブランドイチゴや静岡県産の野菜など21品目が販売され、多くの人で賑わった。

旬のイチゴや静岡県産の野菜などを即売 「JAまるしぇinJA共済ビル」 この催しは、「食と農に根ざした地域に開かれた存在」としてのJA共済をPRするため開催されている。
 6回目も前回同様、バスで旅客と貨物を一緒に運び、輸送コスト減を図り生産者の所得向上と環境に優しい取り組みにつなげた「産地産直あいのり便」を活用した。
 販売されたのは、いずれもブランドイチゴとして人気が高い品種、512パックで、栃木県産の「とちおとめ」、茨城県産の「いばらキッス」と「ひたち姫」、静岡県産の「紅ほっぺ」など4種が販売開始から1時間半ほどで完売した。購入した女性は「子どもがいるので食べ物には気を遣う。今回は様々な種類のイチゴを買うことができたので、今から食べるのが楽しみ」と笑顔を見せた。
旬のイチゴや静岡県産の野菜などを即売 「JAまるしぇinJA共済ビル」 ほかにも静岡県産のホウレンソウ、カラフルミニトマトなどの野菜やドライフルーツミックス、ジャムなどの加工品、米(銀河のしずく、ちゅらひかり、白鷺と暮らす郷、コウノトリ育む米)など21品目1100点あまりが並んだ。近所のオフィスビルに勤務する女性は「まるしぇの告知ちらしを見て買い物にきた。季節の果物が商業地でない永田町で買えるのはうれしい。今後も是非続けてほしい」と語った。
 来年度も同イベントを予定しているが、時期は未定。

 

(関連記事)
秋の味覚で「まるしぇ」 JA共済連(18.10.02)
暑さ忘れるフルーツバーなど多彩な催し JA全中(18.07.03)
JAまるしぇ、5月は3回開催(18.05.10)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る