Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋の味覚で「まるしぇ」 JA共済連2018年10月2日

一覧へ

 「直売の日」に合わせ、JA共済連は10月2日、東京・平河町のJA共済ビルで、『産地直送の農産物を販売する「まるしぇ in 共済ビル」を開いた。

10月2日、東京・平河町のJA共済ビルで、『産地直送の農産物を販売する「まるしぇ in 共済ビル」 当日は鳥取、山梨県産のナシ、ブドウを中心に販売。JA共済連の職員だけでなく、近隣の住民やオフィスに勤める人など、多くの来客で賑わった。
 JA共済連のこの取り組みは、「貨客混載バス」(隙間物流)を活用して仕入れることで、顧客と貨物を一緒に運ぶことで、生産者の手取りアップと、運送業者の収益を確保使用と言うもの。JA共済連まるしぇは平成28年度から始め、今回で5回目。
 会場のJA共済連ビル2階のエントランスには、鳥取県産のナシ「二十世紀梨」や「新甘泉」、山梨県産の「シャインマスカット」、「種無し巨峰」など「秋の味覚」が並び、午前11時前から行列ができるほどだった。

(写真)賑わった「秋の味覚」JA共済連の「まるしぇ」

 

(関連記事)
佐藤錦中心に山形産農産物直売 JA共済ビルでマルシェ(18.06.15)
わずか1時間足らずで完売 JA共済・早稲田大学寄付講座『東北まるしぇ in JA共済ビル』(17.11.24)
熊本地震の復興応援で JAまるしぇinJA共済ビル(17.05.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る