JAの活動 ニュース詳細

2019.02.22 
一緒にカレーパーティー、保育園で食農教育 JAしおのや一覧へ

 JAしおのや青年部高根沢支部は2月19日、地元保育園児に自分たちが作ったイチゴや野菜を提供し、一緒に食べる食農教育活動を行った。

 栃木県の同青年部は、10年程前から作った野菜を町内の保育園に届ける"食農教育活動"を行っている。幼い時から地元で採れた安心・安全な農産品に触れてもらい、農業の大切さをを知ってもらう機会として、熱心に続けている。
 今回農産品を提供したひまわり保育園では、餅つきの指導やニンジン収穫体験なども行っていて、カレーを一緒に食べる「カレーパーティー」も恒例となっている。この日は、カレーの材料になるニンジンや、トマト、今が旬のイチゴ「とちおとめ」が提供された。
ひまわり保育園の園児と話をしながら昼食を楽しむ青年部員 パーティーには園児109人と、スクールガードをはじめ日ごろ子どもたちを世話する人たちもあわせ、総勢120人が参加。楽しい昼食会を満喫した。
 JAしおのや青年部高根沢支部の増渕友信部長は、「地元の農産物をたくさん食べてもらい、少しでも農業に興味をもってもらえたらうれしい」と、次世代の農業を担う子どもたちに期待を寄せていた。


(写真)ひまわり保育園の園児と話をしながら昼食を楽しむ青年部員

 

(関連記事)
「JAあぐりタウン」開設し食農教育 JA全中(18.11.05)
青年部が世代を超え食農教育(17.02.10)
JAの食農教育に関心 若い母親 農業体験などに 頻度・告知方法の検討を(16.04.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ