JAの活動 ニュース詳細

2018.11.05 
「JAあぐりタウン」開設し食農教育 JA全中一覧へ

 JA全中は11月2日、(一社)家の光協会と連携し子ども向けサイトの「JAあぐりタウン」を開設した。

 このサイトは、食農教育の一環で子どもたちに食料・農業・JAへの理解を深めてもらうため、既存の「JAキッズあぐり村」をリニューアルし、新たに「JAあぐりタウン」を開設したもの。
 子どもたちが楽しく学べるよう「JAあぐりタウン」という町を仮想化し、タウン内がメインとサブの2つのコンテンツに分かれている。メインコンテンツは、「食料」「農業」「JA」の3つのテーマをわかりやすく説明、サブコンテンツには映画館・紙芝居広場・本屋・ゲームセンターにそれぞれのコンテンツが用意されている。幼児から小学生の年齢層を対象に親子で楽しめる内容で、小学校などの教育現場やJAの食農養育現場で活用できるようすべてA4サイズに印刷可能となっている。

【メインコンテンツ】
食料:
▽「いただきます」の意味
▽ごはんのヒミツ
▽「地産地消」って?
▽「旬のヒミツ」
▽自給率って知ってる?「食べ物のむだづかい」
▽外国からやってくる食べ物▽いいこといっぱい国産の食べ物

 
農業:
▽農家のお仕事
▽田畑のチカラ
▽お米ができるまで
▽1ぱいの牛乳ができるまで
▽トマトができるまで
▽もし農家がいなくなったら
▽日本の食べ物は高い?
▽今すぐできる農家さんのお手伝い

 
JA:
▽協同組合って?
▽JAって?
▽お仕事テーマパーク
▽JAはだれのもの?
▽JAがめざしていること
▽イギリスで生まれた協同組合
▽日本の協同組合の元祖
▽協同組合と株式会社

【サブコンテンツ】
映画館:動画「ごはんぢゃワン いっしょにごはん」
紙芝居広場:デジタル紙芝居「たべものさんありがとう」
本屋:マンガ「お米が実った!ぼくらはみんな稲作名人」
ゲームセンター:
▽旬のやさい・くだものぬりえ
▽やさい神経衰弱▽おりょうりしよう

 

(関連記事)
産業界との連携を強化 農研機構(18.10.30)
どうするのか?この国のかたち -食料安全保障と農業協同組合の役割(18.10.26)
【対談】国民のための農業・食料 今、農協が存在感示せ(1)【村上光雄・JA三次元組合長、鈴木宣弘・東京大学教授】(18.10.24)
地域ビジネスを支援 奥和登・農林中金理事長が講演(18.10.19)
【歌手・加藤登紀子さんインタビュー】農的幸福 今こそ国民で実現を(4)(18.10.15)
【小松泰信・地方の眼力】毒饅頭ときどき怖い?(18.09.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ