左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

産業界との連携を強化 農研機構2018年10月30日

一覧へ

 農研機構は、10月1日の組織改革で本部に産学連携室を新設し、地域ハブコーディネーターを配置した。また、食農ビジネス推進センターと全国にビジネスコーディネーターを配置し、産業界との連携を強化する。

 農研機構は、政府が掲げる超スマート社会「Society 5.0」の農業・食品分野での実現に向け▽産学官連携活動を通じて、社会にインパクトのある農業・食品分野における研究成果をコアとしたビジネスモデルを構築し、社会実装を推進▽ビジネスモデルの展開により民間投資を誘発▽農研機構の開発技術を公設試、営農者など農業界の隅々まで展開することを目的に、本部組織の中に産学連携室を新設した。
 同室では、地域ハブ機能を強化するため、産学連携コーディネーターは地域の大学などと連携し、民間を巻き込んだ公的外部資金の獲得を目指す。農業技術コミュニケーターは、農研機構の開発技術を公設試験所、都道府県などと連携し、農業界へ展開し、農業情報研究センターと連携して生産現場における人工知能応用技術を含めたデータ駆動型農業を推進する。
 産業界との連携は、食農ビジネス推進センターを中核とし、農業界への開発技術の浸透は、地域ハブコーディネーターが統括して、地域農業研究センターの産学連携室のハブ活動を強化する。

 

(関連記事)
農業界・産業界にとって頼りになる農研機構に(18.04.06)
農林中央金庫が農業ベンチャーを支援(18.05.30)
日本美食(株)の株式取得 農林中金(18.07.24)
【インタビュー・吉川はじめ社民党幹事長 】若者が定着できる農業政策を(18.05.29)
米中貿易戦争とニッポン農業【中岡望・東洋英和女学院大学大学院客員教授】(18.04.18)
(118)大枠合意は木材自給率向上の妨げ(17.08.06)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る