Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林中央金庫が農業ベンチャーを支援2018年5月30日

一覧へ

 農林中央金庫は5月25日、農業ベンチャー企業の(株)ルートレック・ネットワークスの普通株式を「F&A(Food and Agri)成長産業化出資枠」を通じて取得したと発表した。

 同社は農作物の潅水・施肥を自動制御する独自システム「ゼロアグリ」の開発・販売を行っている。「ゼロアグリ」はパイプハウス向けの養液土耕システムでハウス内に設置されたセンサーで得た日射量や土壌環境情報をもとに農作物の成長に合わせた潅水・施肥量をAI(人工知能)が計算したうえで点滴チューブで自動的に供給するシステム。
 これまで生産者の経験に基づくノウハウの下で手間をかけて行われてきた潅水や施肥作業を自動化することで省力化を実現するとともに、規模拡大も可能になる。最適なタイミングでの潅水と施肥によって、収量の増大と品質向上、それによる所得増大にもつながると期待されている。
 F&A(Food and Agri)成長産業化出資枠は平成28年5月に中期経営計画で掲げる「農林水産業の成長産業化」への貢献の一環として産業界の高付加価値化と生産性向上のため系統団体や国内外の企業との協働を支えるリスクマネーの提供を目的に設立された。
 これまでに(株)ファムノートホールディングス、(株)ナイルワークスに出資している。

 

(関連記事)
JA貯金 伸び率2.9%-農林中金(18.05.28)
経常利益1710億円 安定収益確保-農林中央金庫(18.05.24)
JA貯金 前年比2.9%の伸び-農林中央金庫(18.04.26)
宮城の3法人がグローバルGAP取得-JA全農みやぎ(18.04.25)
奥専務の理事長昇格を決定 農林中央金庫(18.03.16)
「貯保」の積立金は十分 JAバンクシステムが機能【榎本浩巳・農林中央金庫JAバンク経営指導部長】(18.03.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る