JAの活動 ニュース詳細

2019.04.10 
聖心女子大で今年も寄附講座 JA共済連一覧へ

農からの社会再生を学ぶ

 JA共済連の寄附講座は、2012年度から実施している早稲田大学に続き、18年度から聖心女子大学で開講。今年が2年度目となる同大学では、新年度の授業がスタートした4月8日に寄附講座の初講義が行われた。定員を超えたため一部抽選で選ばれた30人の学生のうち約半数が新入生。やや緊張した面持ちで受講していた。

聖心女子大の寄附講座1定員いっぱいの30人の学生が受講した初回講義。

 

 JA共済連と聖心女子大学は、農業の持つ可能性・地域社会とのつながり・役割などについて考える機会を提供するため、2018年度から3年間継続して寄附講座を開講する。2年目の19年度は沼田真一・早稲田大学社会科学総合学術院非常勤講師による「グローバル共生研究Ⅷ JA共済寄附講座・農からの社会再生」を開講した。
 沼田講師は専門の「社会デザイン」の立場から「農」をテーマに、各分野の専門家をゲストに招き、講義とディスカッションによる授業を行う。
 その中にはJA共済の源流となった賀川豊彦の研究者、篠田徹・早稲田大学社会科学総合学術院教授による「農と社会・賀川豊彦の世界」や、希望者で行う1泊2日のスタディーツアー「農と生活とアート」の開催場所、新潟県松代(十日町市)をフィールドに研究する清水健太氏による講義など多彩な授業を予定している。
 JA共済連の早水徹経営企画部長は開講あいさつで、JA共済の源流である賀川豊彦の三愛主義(神を愛す・土を愛す・隣人を愛す)を取り上げ、「土」が、母なる大地や食料を生む農とその共同体を意味するが、現在、農業・農村を支える人たちの高齢化などさまざまな問題に直面していることを指摘。その解決のためにどうすればよいかを「自分の頭で考えてほしい。この講座を世の中、地域、自分たちがどう生きていくかを考える切り口としてほしい」と期待を込めて学生たちに語りかけた。
 なお、4月10日には早稲田大学でのJA共済連寄附講座の本年度初講義が行われる。

聖心女子大の寄附講座2

開講あいさつで当寄附講座の趣旨を語りかける早水徹JA共済連経営企画部長。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ