JAの活動 ニュース詳細

2019.07.31 
日本の協同組合「力強い」-グアルコICA会長一覧へ

 国際協同組合同盟(ICA)のアリエル・グアルコ会長が来日し7月31日にJA全中の中家徹会長を表敬訪問するともに、日本のICA会員13団体の代表と懇談した。

グアルコICA会長とICA会員13団体の代表者 懇談会でJA全中の中家徹会長は、日本各地で協同組合が組合員のニーズと願いを実現する活動に取り組んでいることや、持続可能な社会づくりのため分野の異なる協同組合が連携するため、昨年4月にJCA(日本協同組合連携機構)を設立したことを紹介し、「現場の協同組合からのICAへの期待は大きい。国際的な協同組合の交流、世界的な協同組合運動の方針策定などはICAがあってこそできる。世界の協同組合運動の旗振り役として引き続き期待している」などとあいさつした。

 グアルコ会長は「本当にさまざまな協同組合運動が集まっていて非常な力強さを感じている」と述べるとともに、「日本の協同組合の活動は何十年にもわたって模範的に展開されてきたと理解している。今回の訪問を通じて知見をより深め、それを他の国の人々にも伝えていきたい」などと話した。
 アリエル・グアルコ会長はアルゼンチンのブエノスアイレス州出身で50歳。地元であるコロネル・プリングルス市電力協同組合の職員を20年以上務めた後、2007年に組合長に就任した。2011年にはアルゼンチン協同組合連合会の会長にも就任。ICA会長には2017年のクアラルンプール総会で選出された。任期は2021年まで。
 今回の来日は各国における協同組合運動や活動状況の情報収集、会員団体との懇談などが目的でJAグループのほか生協なども訪問する。

(写真)グアルコICA会長(前列中央)との懇談会に出席したICA会員13団体の代表者。出席団体はJA全中、JA全農、JA共済連、農林中央金庫、(一社)家の光協会、(株)日本農業新聞、日本生協連、全国労働者共済生活協同組合連合会、日本労働者協同組合連合会、(一社)全国労働金庫協会、日本コープ共済生活協同組合連合会、(一社)日本共済協会、(一社)日本協同組合連携機構


(関連記事)
【JCA週報】ICA世界協同組合モニター2018年版(和訳)を公開(19.7.29)
「人間らしい仕事」を SDGsと目指すは同じ 国際協同組合デー記念集会(19.7.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ