Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域の協同組合と農業高校が結束 「にじいろキッズフェスティバル」開催 JA鹿児島いずみ2019年9月18日

一覧へ

 JA鹿児島いずみは、10月13日に「にじいろキッズフェスティバル」を開催する。このフェスティバルは、同JAが主催し、赤鶏農協、東町漁協、(株)エーコープ鹿児島、県立鶴翔高校、北さつま漁協、北薩森林組合、マルイ農協が協賛して開催する。

ブリ解体漁協によるブリ解体ショー


 このフェスティバルは、出水市、阿久根市、長島町にある環境と食に関する協同組合と鶴翔高校農業科学科が結束し、子どもたちに「見る」「知る」「食べる」を体験して、環境や食について学んでもらうことをねらいに、昨年から始めた。
 対象者は、鹿児島県出水市、阿久根市、長島町の小学校3年生から6年生。小学3年?6年生の兄弟が同時参加の場合は小学1年生から参加できる。
 今年のプログラムでは、プランター苗植え、マルイ農協や鶴翔高校の農場の見学や体験、東町漁協によるブリ解体ショー、パーベキューと各協同組合の露店バイキングなどが行われる予定。

ナスの収穫ユルキャラ

ナスの収穫体験をする子どもたち(鹿児島県立鶴翔高等学校提供)/マスコットキャラ「いづるくん」も登場

 このフェスティバルの特長は、鶴翔高校が農業科学科の農場を提供し、高校生たちが参加して、地域の子どもたちに体験を通して、環境や食についての学びの機会を提供していること。昨年は、鶴翔高校の農場で、子どもたちがポニーの餌やり、野菜の収穫、トラクター乗車体験や牛の飼い方の説明や肥育牛の体重と同じ重さを体験した(鹿児島県立鶴翔高等学校公式ホームページから)。

 このフェスティバルの事務局、JA鹿児島いずみ総務部企画広報課の担当者は、「高校も将来の生徒となる子どもたちに農業に興味をもってもらいたいと思っており、JAと思いが一致している」と農業高校との連携の意義を語ってくれた。
 募集定員は200人で、参加料は無料。申し込みは9月6日に締め切られた。
(写真はいずれも昨年のフェスティバル)

肥育牛の見学

肥育牛を見る子どもたち(鹿児島県立鶴翔高等学校提供)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る