JAの活動 ニュース詳細

2020.02.20 
創造的自己改革の完遂へ JA全国青年大会で決議一覧へ

 全国農協青年組織協議会(JA全青協協)は2月18、19日、東京都内で第66回JA全国青年大会を開き、大会宣言で盟友の想いを託したポリシーブックの実現に向けて結集することを宣言した。また、「食料・農業・農村基本計画の実現に向けて」の特別決議を採択し、農業の抱える課題解決に向けて国政をはじめ、国民に強く働きかけることを特別決議した。(大会の詳細は後日掲載します)

ポリシーブック実現を決意ポリシーブック実現を決意。


 大会宣言では、異常気象の常態化や、大規模自然災害、CSFの感染拡大、さらにはTPP11や日米貿易協定など、農業・農村をめぐる厳しい環境に触れ、「この難局に対してJAグループと一体となり、前進する必要がある」としている。その上で、第28回JA全国大会で決議した創造的自己改革の実践を「我々自身が青年組織活動をもって完遂しなければならない」と決意を示す。

 また、特別決議では、「食料・農業・農村基本法の理念である「食料の安定供給の確保」、「多面的機能の発揮」、「農業の持続的発な発展」、「農村の振興」の実現に向けて、自らが意欲、情熱、誇りをもって地域農業の振興を図る」として、このことを強く国民に訴えるとしている。


(関連記事)
創造的自己改革の完遂へ 6万盟友の意思固める JA全国青年大会で決議(20.02.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ