左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮崎牛が讃える母の「やさしい嘘」とは? ブランデッドムービー第2弾公開 宮崎牛プレゼントキャンペーンも  JA宮崎県経済連2020年4月3日

一覧へ

 JA宮崎県経済連は、ブランデッドムービー「やさしい嘘」篇を公開した。「それは、世界一美味しい授賞式」をコンセプトに、世界各国のさまざまな大会で宮崎牛を賞品として使ってもらうためのキャンペーン「AWARD BEEF MIYAZAKI」(アワードビーフ宮崎)の一環。2019年12月に公開した第1弾ムービー「最高のサンタクロース」篇に続く、第2弾となる。

アワードビーフ宮崎ブランデッドムービー「やさしい嘘」篇アワードビーフ宮崎ブランデッドムービー「やさしい嘘」篇


 3年連続で米アカデミー賞の授賞式で提供されている宮崎牛ブランドをアピールする同キャンペーンは、「人が人を褒め讃える時、牛肉はうまくなる。」をテーマに、世界中のさまざまな人を讃えていくことを表現。同経済連は、より多くの人々に、誇らしい気持ちで宮崎牛を食べてもらうことをめざし、家族のために日々がんばるすべての人に向けて動画を作った。
 

毎月宮崎牛がもらえるインスタアワード 4月1日のエイプリルフールに公開した「やさしい嘘」篇では、息子のために日々、素敵な嘘をつき続けるお母さんをたたえ、成長した息子のお母さんへの恩返しを描いている。 同経済連では、インスタグラムで「#アワードビーフ宮崎」と「#うまそうな肉で賞」など、毎月発表されるアワード名のハッシュタグとともに、お肉の写真を投稿すると1キロの宮崎牛が当たるキャンペーンを実施中。3月末時点で、すでに2000枚以上の写真が、インスタアワードには応募されている。

【AWARD BEEF MIYAZAKI特設サイト】

 

ワンシーン1ワンシーン2ワンシーン3

「やさしい嘘」のワンシーン

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る