左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

さびしく棚田の田植え コロナ禍で応援得られず こども農学校も「休校」2020年5月18日

一覧へ

今年の棚田はさびしい田植えになった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、子どもの体験農業や棚田オーナーなどによる田植え作業ができず、JAや市町村の職員が代役を務めることになった。大型連休中に見込んだ帰省者の労力も当てが外れ、田植えが長引いている。

大型連休中の棚田の田植え(愛知県新城市「四谷の千枚田」)大型連休中の棚田の田植え(愛知県新城市「四谷の千枚田」)

愛知県新城市で「四谷の千枚田」で知られる棚田。同市の観光地ともなっており、5月の大型連休中は、県外などから帰省した子どもたちの田植えの手伝いでにぎわうが、今年は様相が違った。数アールほどの階段状の棚田で作業しているのはお年寄りばかり。

JA愛知東は、棚田の保全と食農教育を兼ねた「こども農学校」で、小学校3~6年生が6枚ほどの田んぼで米作りをしているが、今年は取りやめた。代わりにJAの職員が田植えをした。「今年16年目で、これまで最も多い67人の申し込みがあったのに」(同JA組合員課)と残念がる。

棚田オーナー制が定着している長野県千曲市の「姨捨の棚田」も、運営の見通しが立っていない。田植えは5月30日の予定だが、前後3日間で同市農林課の職員を中心に作業することになりそう。県内のオーナーの応援も得て、同市の「棚田貸します制度」による水田が2.2haの田植えを行う予定。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る