左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

とちぎ和牛と県産豚肉の購入活動を開始-JAおやま2020年5月28日

一覧へ

栃木県のJAおやまは、肥育農家への支援と消費拡大のため、とちぎ和牛・栃木県産豚肉の購入活動を進めている。

とちぎ和牛と県産豚肉とちぎ和牛と県産豚肉

新型コロナウイルス感染拡大により、県産肉の価格や消費が落ち込んでいることを受けたもの。JAおやま役職員をはじめ、野木町役場の職員に県産肉の販売活動を行ったところ、多数の希望者が購入した。

とちぎ和牛は、モモすき焼き用(500g)や焼肉用(同)。豚肉は、「とちぎゆめポーク」のとんかつ用(100g×5枚)や生姜焼き用(500g)、「那須豚」のあらびきフランクフルト(230g×2)、ウインナー(150g×2)など。鮮度管理を徹底するため、1パックごとに保冷剤を付け保冷バックに入っている。

購入したJA職員は、「おいしいものを食べるだけで笑顔になれる。少しでも消費拡大に貢献し、生産者の助けになればうれしい」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る