左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

仲間由紀恵さんがレインボー体操に挑戦-JA共済連が動画制作2020年5月29日

一覧へ

JA共済連は、女優の仲間由紀恵さんを起用したスペシャルムービー「Rainbow Action with yоu」を制作し、5月28日から公開した。新型コロナウイルスの影響による「新しい生活様式」を心がけ、大切な人と離れて暮らす人たちを応援することが目的。自宅で過ごす時間が多い人の運動不足解消や健康増進などを図る狙いもある。


「Rainbow Action with yоu」は、仲間さんが全国の皆さんとともにJA共済の「レインボー体操」に挑戦する様子を、完全リモート体制で制作したスペシャルムービー。

レインボー体操は二村ヤソ子氏考案の血液循環体操で、心臓に負担をかけないやさしい動きを組み合わせているので、いつでもどこでも誰でも無理なく行うことが可能。 JA共済連の地域貢献活動として、健康作りのため昭和58年からJA女性組織を中心に全国各地で親しまれている。

緊急事態宣言が全国で解除される一方 、 感染拡大予防に向けた新しい生活様式の定着が求められており、在宅エコノミー症候群といった新たな健康リスクを指摘する声も高まっている。こうした中、自宅で簡単に取り組める体操として仲間さんと全国各地でがんばる人にレインボー体操に挑戦してもらった。
JA共済連は、「Rainbow Action with yоu」の視聴を通じ、少しでも明るく前向きな気持ちになってもらい健康増進の一助となることを期待している。

 
【仲間さんの感想】
ZOOMなどを使ったリモート撮影は初めてで、コミュニケーションの取り方がどうなるかと思っていたが、新鮮な気持ちで臨むことができた。

在宅時間が長くなっているが、主婦として母親としてやることはたくさんある。多少疲れる時もあるが、気持ちを入れ替えて前向きにとらえるようにしている。

家族と過ごす時間はとても貴重。刺激を求めて外出したい人もいると思うが、何か楽しみを見つけて自分らしい生活を探して欲しい。

【Rainbow Action with yоu】

【JA共済連特設サイト・おうち時間を充実させよう!】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る