左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第2回フォトコンテストの作品を募集ーJAさいたま2020年5月29日

一覧へ

JAさいたまは、「第2回JAさいたまフォトコンテスト」を実施している。管内の農業や農村風景、自然などの魅力を広くPRすることが狙い。

第1回コンテストの最優秀賞「そうそう、じょうずだねぇ」第1回コンテストの最優秀賞「そうそう、じょうずだねぇ」(左)、優秀賞「代かき」

優秀作品は、広報誌「さいたま」やカレンダーなどの発行物、ホームページやSNSに利活用する。JAさいたま管内の、さいたま市(岩槻区除く)、川口市、鴻巣市(一部地区除く)、上尾市、草加市(同)、蕨市、戸田市、桶川市、北本市、伊奈町の在住者であれば誰でも応募可能。

テーマは「JAさいたま管内の残しておきたい風景」で、農作業など農業に関するものやお祭りなどの祭事・神事、地域のイベント、季節感のあるスナップ。

応募者本人が撮影した2017年1月以降の作品で、未発表のものに限る。応募は1人3点まで。被写体の肖像権や著作権は応募者が責を負い、作品は返却しない。応募作品の権利はすべてJAさいたまに帰属する。

デジタル画像・プリント写真いずれも応募可能だがカラーに限る。応募作品に、郵便番号・住所・氏名・電話番号・タイトル・撮影日・撮影場所・撮影意図を明記し、メールまたはCDで送付する。CD・プリント写真はJA各支店窓口でも受け付ける。

応募先は、JAさいたま総務部企画広報課(〒337-0051さいたま市見沼区東大宮4-21-1)。応募締め切りは8月31日。審査はJAさいたまと委託審査員が行い、2020年度内に広報誌「さいたま」で発表。最優秀賞1点に3万円、優秀賞2点に1万円、入選5点に3000円をそれぞれ商品券で贈呈する。

【応募先メールアドレス】
kikakukoho@saitama.st-ja.or.jp

【応募用紙はこちらからダウンロード=ページ中段にあります】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る