左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「学習」に力 JA担う人材を育成-JA全青協2020年5月29日

一覧へ

全国農協青年組織協議会(JA全青協)は5月27日に書面による第67回通常総会を開き、令和2年度の活動計画と令和4年度までの3年間の中期活動目標を決めた。

JA全青協JA全青協は、創立50周年を契機に平成17年に策定した新たなJA青年組織綱領に沿ってJA全青協中期活動目標を策定している。今回、策定したのは第6次の中期活動目標。1年かけて第5次計画を見直した。

基本項目は3つ。1つは引き続き「JA経営参画に向けた人材育成」とした。青年農業者の人材育成を目標とした研修会、JAグループ職員との交流に資する研修会など開催する。とくに毎年1月に行う海外研修については都道府県組織から中期活動目標の実践期間である3年間のうちに、最低1名を研修生として派遣する。

また、『地上』と連携した学習・活用強化運動も実施する。同誌では農業政策などの背景解説記事とともに、盟友同士で「話し合ってみよう」と呼びかけ、学習会の持ち方なども情報提供している。これを活用しすべての青年部支部段階で学習活動の実践に取り組むことを目標としている。

2つめは「組織内外に向けた青年組織の意思反映強化」。ポリシーブックの作成、検証、更新と要請活動、国会議員やJAグループとの意見交換を定期的に開く。全国委員長会議などの際に行っている部会活動は、水田、青果、畜産酪農の作目別部会のほかに、課題別部会として都市農業、農業経営、地域活性化の3つも設置する。6人の理事が部会の座長をつとめ、ポリシーブック委員が副座長をつとめる。部会は事前にテーマを明確にしたうえで開催する。

3つめは「組織活性化に向けた組織活動の促進および盟友数の拡大」。各都道府県組織で組織率や盟友数拡大の目標設定を推進する。地域によってはJA合併をふまえ、支部組織づくりも課題とする。優良事例の収集も行う。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る