Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

果樹の盗難抑止に効果 システム導入で被害8割減 JA南アルプス市2020年6月9日

一覧へ

サクランボやブドウなど高級フルーツの産地、山梨県のJA南アルプス市は、長年悩まされてきた果実の盗難被害の対策として開発した「果樹盗難抑止システム」で被害件数の減少に成果を上げている。

サクランボ園の盗難防止のためセンサーを設置する手塚次長サクランボ園の盗難防止のためセンサーを設置する手塚次長

同システムは、果樹園への不審者の侵入を感知し、サイレンなどで警告するもので、同JAが取引業者と共同で2018年に開発した。園地に直径30メートルの範囲を360度監視できる赤外線センサー機器を設置し、侵入者を感知すると警告音と赤色灯で警告し、即座に園主へメール通知が届く。この効果で、被害件数が以前よりも70~80%以上減少するなど確実に成果を残している。

今年は、サクランボの本格的な収穫期前の5月28日、JAの営農指導員が申し込みのあった組合員の園地を訪れ、機器を設置した。同JAによると、今年は天候が安定しており、豊作傾向にあることから、申し込み数も多いという。

同システムの利用はサクランボの時期が最も多く、ブドウの「シャインマスカット」やスモモの「貴陽」など、高級品種の収穫期にも多く利用されている。

JA営農指導部の手塚英男次長は「1年かけて栽培してきた果実の盗難は、本当に心が痛む。同システムを設置することで、1件でも盗難を減らしたい」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る