Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

配合飼料供給価格 1トンあたり1000円値下げ-JA全農2020年6月22日

一覧へ

JA全農は6月19日、7月~9月期の配合飼料供給価格を4月~9月期より全国全畜種総平均で1トンあたり約1000円値下げすると発表した。

ほしくさ

改定額は、地域別、畜種別、銘柄別に異なる。

飼料をめぐる情勢のうちトウモロコシについては、新型コロナウイルス感染症の拡大でガソリン需要が減退しエタノール生産が減少していることに加え、米国産新穀トウモロコシの作付け面積が増加する見通しとなっている。そのためシカゴ定期は3月には1ブッシェル3.7ドルだったが、現在は同3.3ドル前後に下落している。当面は現行水準で推移すると見込まれている。

大豆粕のシカゴ定期は3月には1トン330ドル前後で推移していたが、アルゼンチンが大豆粕の輸出税引き上げを発表して、一時同350ドル前後まで上昇した。その後、新型コロナの感染拡大による需要減退の懸念から相場は軟調な展開となり、現在は同310ドル台となっている。

国内の大豆粕価格は為替は円安で推移しているものの、シカゴ定期の下落などにより値下げが見込まれる。

海上運賃は、米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は2月には1トン40ドル台で推移していたが、南米産大豆の輸出需要の増加で3月には同45ドル前後まで上昇した。

その後、新型コロナの感染拡大で輸送需要が減少し、原油相場の急落を受けて下落し、現在は同35ドル前後となっている。外国為替は現在、1ドル108円前後となっている。新型コロナからの回復には時間がかかると思われるため、今後も一進一退の相場展開が見込まれる。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る