想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

広島農業の魅力発信「みのりカフェfukuyama」18日オープン JA全農ひろしま2020年7月9日

一覧へ

JA全農ひろしまは7月18日、福山市東深津町に、全農の「みのりみのるプロジェクト」の直営店舗「みのりカフェfukuyama」をオープンする。

季節の果物や野菜ふんだんに使ったクレープやアイスなどのスイーツ
季節の果物や野菜ふんだんに使ったクレープやアイスなどのスイーツ

全農は、飲食店における「原産地表示」の意義を消費者に啓発し、国産農畜産物の利用拡大を促進するためのモデル店舗として、国産食材を100%使った「みのりカフェ」と「みのる食堂」を全国で運営している。今回、福山市で新規オープンする「みのりカフェfukuyama」は、同プロジェクトの19店舗目。JA全農ひろしまは、同県産の食材を使ったスイーツなどの販売を通じて、広島農業に関する情報を発信し、広島県産農畜産物の消費拡大をめざす。

提供するメニューは、福山市と近郊のエリアで生産された「ピオーネ」や「シャインマスカット」などのブドウや、全国一の生産量を誇る「レモン」をはじめとする季節の果物や野菜を使ったクレープやジュースなどのスイーツ。また、上下町の農家が生産する「お茶」や、広島県産牛乳「ひろしま搾り」など県内産のおいしい食材にこだわる。

さらに、昨年8月に取り組みが始まった、広島県産耕畜連携ブランド「3-R(さんあーる)」の食材を使ったメニューも提供。「RECYCLING(リサイクル)」「 RESOURCE(リソース)」「 REPEAT(リピート)」をテーマに全農ひろしまが取り組んでいる、資源循環による"環境保全型農業"の取り組みもアピールしていく。

店舗の内装には、ものづくりの町、福山市の伝統工芸品、い草や名産のデニムを取り入れ、地域色を表現している。


地元産のい草やデニムを取り入れた店舗イメージ地元産のい草やデニムを取り入れた店舗イメージ

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る