Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

北海道産を身近に「おいしい」はエールプロジェクト開始 ホクレン2020年7月10日

一覧へ

ホクレン農業協同組合連合会は、コロナ禍にある北海道農業を盛り上げるため、生産者と消費者をつなぎ、ともに乗り越えていくプロジェクト「“おいしい”はエールProject」を始めた。特別サイトでは、生産者の特別対談を公開しており、牛肉や日本酒のプレゼントキャンペーンも実施している。

【

新型コロナウイルス感染拡大により、外食産業や観光の停滞、大型イベントの延期などで北海道産農畜産物の需要にも影を落としている。同プロジェクトは、需要と供給のバランスが崩れることで、北海道農業が将来的にも大きな影響を受けてしまうことを消費者に知ってもらうとともに、単に消費拡大のためだけでなく、「北海道産」が身近にある日常が続くよう願いをこめて立ち上げた。

初回は北海道産の牛肉と酒米をテーマに、3つのコンテンツで展開。生産者の‶生の声″を届け、それぞれの魅力をていねいに紹介する。また、道産牛肉を知り尽くしたホテルのシェフや、道産酒米を使用した日本酒の楽しみ方を提案する利き酒師などの記事を発信。さらに、特別コンテンツとしてホクレンアンバサダーに就任した演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダー、森崎博之さんと道内生産者の対談も掲載している。

また、記事を読んで、クイズに答えると抽選で144人に、北海道産酒米を使った日本酒をプレゼントするキャンペーンも実施。オンラインショップの「ホクレングリーンネットショップ」では、牛肉セットを販売する。

さらに、プロジェクトの一環として、HTB北海道テレビ発の人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」のディレクターらが開設したYouTubeチャンネル「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」とのコラボ番組も配信している。

【"おいしい"はエールproject】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る