Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オンライン形式で全国交流会議開催し170人が視聴 JCA2020年7月15日

一覧へ

日本協同組合連携機構(JCA)は7月2日、第3回都道府県協同組合連携組織の全国交流会議をオンライン会議で開催した。41都道府県の連携組織、15の全国組織から約170人が視聴した。

あいさつする馬場代表理事専務あいさつする馬場代表理事専務

はじめに馬場利彦代表理事専務があいさつし、新型コロナウイルスに対する協同組合の取り組みなどについて報告した。次に藤井晶啓常務理事が、「JCA2030年ビジョン・中期計画(組織協議案)」を説明した。

また、横溝大介連携推進マネージャーによる、2020年度都道府県協同組合連携組織の実態調査アンケートの集約結果についても報告があった。

県域からの事例報告は、前田健喜協同組合連携部長の進行でチャット機能を使った質疑応答も行った。

最後に青竹豊常務が、「まとめ&今後に向けて」と題しコロナ禍における協同組合間連携の重要性、および今後に向けた依頼事項を述べた。
県域事例報告の項目は以下の通り。

・新しい協同組合連携組織事例として、北海道における「協同組合ネット北海道」、大阪府における「大阪府協同組合・非営利セクター連絡協議会」の設立について
・災害支援ネットワークの取り組み事例として、長野県の「信州農業再生復興ボランティアプロジェクト」について
・新たな事業連携事例として、JA香川県とコープかがわの包括連携協定に基づく地域活性化の一環としての小売店舗事業での連携について
・地域共生・地域創生の取り組み事例として、広島市の協同労働のプラットフォーム事業で設立された「アグリアシストとも」について
・新型コロナウイルス禍における協同組合の「コロナに負けるな!」実践事例として、協同組合ネットいばらきによる学生支援について
・大学寄付講座の事例として、協同組合ネットいばらきの茨城大学における寄付講座について

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る