想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大分県産「完熟」かぼすサワー新発売 SDGsに基づきJA全農など3者で開発2020年7月20日

一覧へ

JA全農は7月21日、セブンイレブン・ジャパンと国分グループ本社と共同で、国連の定める持続可能な開発目標「SDGs」のコンセプトに基づいて開発した大分県産の完熟かぼす果汁を10%使った「大分県産完熟かぼすサワー」を発売する。

大分県産完熟かぼすサワー大分県産完熟かぼすサワー

大分県が、国内生産量の9割以上を占めるかぼす。通常は完熟前の緑色のかぼすを出荷し、黄色くなったかぼすは傷みやすく、広域での流通は難しい。ほとんどが大分県内での消費に留まり、一部には収穫されないまま放置されているほ場もあることから、3者で黄色くなったかぼすの活用方法について協議。緑色よりも甘味が増し、酸味が控えめになる果汁の特性を活かした「大分県産完熟かぼすサワー」を開発した。黄色いかぼすならではの味わいを「完熟」と表現した夏にぴったりのさわやかなサワーだ。九州全域と山口県、広島県、島根県、鳥取県のセブンイレブン約3300店で販売予定。希望小売価格は167円(税別)。

JA全農は農業生産の維持・拡大、農家所得の向上のため、他企業などと「全農グループMD(マーチャンダイジング)部会」をつくり、国産農畜産物を原材料とした幅広い分野での商品開発に取り組んでいる。今回の取り組みはその一環で、今後も全国の産地と品目に拡大するため3者で共同開発を継続していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る