Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本の豪雨災害に見舞金 JAグループ全国機関2020年8月5日

一覧へ

JA全中を始めとするJA全国機関は8月5日、熊本県農協災害対策本部(本部長・宮本隆幸JA熊本中央会代表理事会長)に対し、災害見舞金100万円の贈呈式をウェブ会議で行った。

ウェブ会議による見舞金贈呈式で宮本本部長から被害の状況を聞く中家会長ウェブ会議による見舞金贈呈式で宮本本部長から被害の状況を聞く中家会長

令和2年7月豪雨による熊本県の農業関係被害額は、7月31日時点で445億6000万円。取り決めに基づき、100万円を見舞金として贈った。贈呈式はウェブ会議システムで東京と熊本を繋ぎ、JA全中の中家徹会長と宮本本部長の間で行った。

宮本本部長は、コロナ禍でボランティアの派遣が県内に限定されていることから被災の後片付けが進まないことを訴えるとともに、熊本地震、コロナ、豪雨と続いた災害で農家が営農再開の意欲を失うことを懸念。「そうならないため支援に全力をあげる」と決意を示した。

相次ぐ災害に、中家会長は「大規模な河川改修など、単に復旧でなく改良復旧の方向で、国の支援を働きかける必要がある。全国機関が連携して支援を強めたい」と述べた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る