Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「12か月のジャム 」 シリーズが新発売 JA全農2020年8月6日

一覧へ

JA全農は8月から、全国の生協共同購入を中心に、12種類の旬の国産果実を使った「12か月のジャム」シリーズを発売する。

「12か月のジャム」月ごとに12種類の国産の果実が楽しめる「12か月のジャム」

「12か月のジャム」はすべて国産果実を使い、それぞれの果実の旬に合わせて月替わりでフレーバーを展開するシリーズ商品。福岡県産のいちじくを使った「8月のジャム いちじく」は、いちじくならではのつぶつぶ感やとろけるような味わいが楽しる。また、商品ラベルに記載されている二次元コードにスマートフォンをかざすと、専用サイトから商品の詳細や果実の産地、おすすめの食べ方などを見ることができる。

同シリーズは、これまでの営業の形にとらわれず柔軟に新しいことへ挑戦していこうというJA全農のアフターコロナに向けた取り組みの一つ。全国から果物を集められ、前年産も使えるというJA全農の強みを生かした旬のジャムとして、月ごとに違う12種類のジャムを作る。ラストワンマイルを持つ生協やEコマース向けの取り組みを強化した商品となっている。

【「12か月のジャム」ブランドサイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る