Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

終了間近!「福島牛」を救うクラウドファンディング実施中 JA全農福島2020年9月14日

一覧へ

JA全農福島とJAグループ福島肉牛振興協議会は、コロナ禍で需要が停滞している福島県のブランド和牛「福島牛」の消費拡大のため、クラウドファンディングを9月29日まで実施している。

終了間近!「福島牛」を救うクラウドファンディング実施中 JA全農福島

「福島牛」は、東日本大震災の際、東京電力福島第一原発事故の風評で、市場平均価格より低い状況が続く中、追い打ちをかけるように新型コロナウイルスの影響で需要が激減。市場価格がさらに下落している。

原発事故の風評で極度の販売不振に陥り、約7トンの福島牛を廃棄処分せざるをえなかったJA全農福島は「生産者が丹精込めて育てた命(牛肉)を食卓に届けられなかった」という当時の苦い記憶が今も鮮明に残っているという。そこで「あの思いはもう二度としたくない。多くの人に福島牛を食べてもらいたい」と、クラウドファンディングによる消費拡大キャンペーンを7月1日から展開。9月14日時点で目標額2000万円に対し101%で約2024万を達成しており、さらなるサポートを募っている。

返礼品は、サポート額3000円から25万円まで予算に応じて「福島牛」を堪能できるさまざまなコースを用意している。

福島牛肩ロースカルビ700g(冷凍)福島牛肩ロースカルビ700g(冷凍)

<リターン品の一例>
5000円サポートチケット ファミリーコース
福島牛切り落とし800g(冷凍)

5000円サポートチケット 焼肉コース
福島牛肩ロースカルビ700g(冷凍)

1万円サポートチケット しゃぶすきコース
福島牛サーロインスライス800g(冷凍)

1万5000円サポートチケット ザ・ステーキコース
福島牛ステーキ200g×6枚(冷凍)

3万円サポートチケット ザ・わがままステーキコース
福島牛サーロインブロック3000g(冷蔵)

◎25万円サポートチケット ザ・カルビ福袋コース
福島牛肩ロースカルビ700g×50P+さらに10P贈呈 合計42,000g(冷凍)

【フレフレふくしま応援団ホームページ】


福島牛肩ロースカルビ700g×50P+さらに10P贈呈  合計42,000g(冷凍)福島牛肩ロースカルビ700g×50P+さらに10P贈呈 合計42,000g(冷凍)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る