想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA教育文化活動をオンラインセミナーで報告 家の光協会2020年9月24日

一覧へ

一般社団法人家の光協会は「JA教育文化活動オンラインセミナー」を11月27日に開催する。

令和元年5月に「農協改革集中推進期間」が終了し、全組合員調査では、生・准組合員からもJA自己改革に対する一定の評価を得ることができた。今後も経営基盤強化に取り組み、協同組合としての総合力を発揮していくためには、引き続き組合員との関係性を維持・強化し、その声を事業や活動に生かしていくことが鍵となる。「組合員との関係性強化とコロナ禍ですすめるJA教育文化活動」をテーマとしたオンラインセミナーには、一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA)基礎研究部長の小林元氏をコーディネーターに迎え、JAさいたま企画広報課長遠藤一秀氏、JAこうか総合企画部長山村良司氏がコロナ禍で取り組むJA教育文化活動について報告するほか、パネルディスカッションを行う。

参加対象者は教育文化・家の光プランナー、JA教育文化活動担当部課長、JA家の光事業担当部課長、支店(支所)長。そのほか、趣旨に関心のあるJA役職員は誰でも参加が可能。事前申請制で参加費は無料。参加応募締切日は11月20日まで。

家の光オンラインセミナー

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る