想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水戸ホーリーホックと連携 地域・産地支援企画第2弾スタート JA全農2020年10月22日

一覧へ

JA全農は、7月に始めた「FOOD YELL PROJECT」の第2弾として、茨城県水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村をホームタウンとするプロサッカーチーム「水戸ホーリーホック」との取り組みを開始した。全農は、同プロジェクトを通じて、地域に根付くプロサッカーチームと、その地域の農畜産物の販路拡大を支援していく。

オリジナルのお礼状のイメージオリジナルのお礼状のイメージ

「水戸ホーリーホック特設サイト」のイメージ「水戸ホーリーホック特設サイト」のイメージ(クリックで拡大)

取り組みでは、地域・産地振興をめざし、新たな農畜産物流通チャネルの創出として、地域に根付いて活動するプロスポーツチームと連携。「地元農畜産物を食べて、地元チームを応援!」をコンセプトに、農畜産物の新たなマーケットの開拓(産地振興)する。また、農畜産物販売を通じて、地域スポーツチームの強化と地域振興をめざし、昨年から始めた「フードサポーター」の取り組みを発展、強化する。

具体的には、全農が運営する産地直送インターネットショッピングモール「JAタウン」に出店する、全農茨城県本部の「いいものいっぱい広場」に水戸ホーリーホックの特設ページを開設。特設ページ内では、茨城県産の農畜産物の詰め合わせ商品を「水戸ホーリーホック応援BOX」として販売し、売上の一部をチームへの支援金とする。また、購入者にはチームから支援のお礼として、選手の直筆サインが入った限定デザインのお礼状が商品に同梱されて届く。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る