想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

虹コンが稲刈り体験「全農 presents届け!ファンファーム」第9話公開2020年10月26日

一覧へ

JA全農は、「全農の食の応援団」を務める女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール(虹コン)」とタイアップして発信している食と農の魅力を発信するYouTube番組「全農 presents 届け!ファンファーム」の第9話「稲刈り編」を公開した。

自ら手で刈り取った稲を手に笑顔の片岡未優自ら手で刈り取った稲を手に笑顔のメンバー

毎回、虹コンのメンバーが自分たちの目線で食と農の魅力を発信する動画。初夏に自ら手で植えた稲がようやく実り、いよいよ収穫を迎えた。第9話では、農家の指導を受けながら、鎌を使い、手作業で稲を刈り、刈り取った稲を乾燥させるための"はざ掛(が)け"にも挑戦。自分たちの手で植えた稲が立派に実った様子に充実の表情を見せている。

メンバーの大和明桜は「いよいよ稲刈り体験!初めてなのでその日は朝からワクワクでした。最初は苦戦して鎌を使うことも難しいなぁと思いましたが、刈る瞬間『これが収穫か!』と感動し、楽しい気持ちになりました。田植え、稲刈りと全てではないですが、お米が出来るまでを知る貴重な経験でした」と稲作体験の感想を述べた。アイドルが泥んこになりながら真剣に農作業を行う姿に注目だ。

初の稲刈り体験を前に気合のはいるメンバー初の稲刈り体験を前に気合のはいるメンバー

【「全農 presents届け!ファンファーム」第9話】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る