想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナが第1位-農業・農村・JA5大ニュース2020年12月4日

一覧へ

JA全中の中家徹代表理事会長は12月3日の定例会見で2020(令和2)年の農業・農村・JA5大ニュースを発表した。1位は「新型コロナによる農業への大きな影響とその教訓」をあげた。

記者会見では背景のパネルでも「国消国産」を発信記者会見では背景のパネルでも「国消国産」を発信

新型コロナウイルス感染症の拡大は人々の暮らしと需要の急激な減退などで幅広く農業分野にも影響を及ぼした。中家会長は一方でマスク不足で明らかになったように、「これが食料だったらどうなっていたか」と国民が消費する食料は国内で生産する「国消国産」が重要だと話した。また、3密回避の観点からの田園回帰の潮流や、助け合う協同の心の見直しなどの動きも生まれていることも指摘した。

2位には3月に閣議決定した食料・農業・農村基本計画の実践が始まったことをあげた。コロナ禍で一部の国では食料の輸出規制も実施されたことから「改めて食と地域の持続をどう実現していくかが問われているとして、JAグループとしても基本計画に掲げられた事項の達成に向けて取り組みと話した。

3位は豪雨やCSF、鳥インフルエンザなどの災害。中家会長は「気候変動を実感している」と話し、災害強い産地づくりが求められていること、JAグループとしても復旧、復興に向けて全力を尽くすと述べた。また、鳥インフルエンザが4県で15例発生しており、早期発見・通報と飼養衛生管理基準の遵守徹底を、と現場に呼びかけた。

4位には「組合員調査最終結果公表、90%超が総合事業を支持」を選んだ。組合員調査は2018(平成30)年から2019(令和元)年にかけて実施し、390万人から回答を得た。結果は90%を超える組合員がJAの総合事業を支持した。中家会長は「対話こそ協同組合運動の原点、引き続きさまざまな声を受け止めて不断の自己改革に取り組んでいく」と改めて強調した。

5位には「各地のJAでユニークかつ新しい取り組みが行われる」を選んだ。コロナ禍で打撃を受けるなか、和牛でクラウドファンディングを行ったり、牛乳・乳製品ではツイッターでラッシーの作り方を発信するなど例を挙げ、各地でJAの若手職員が中心になって「創意工夫して消費拡大に取り組んでことは特筆すべきこと」と評価し、こうした活動を消費者に知ってもらい、農業の理解を広げる1年になったとし、「情報発信を強め農業・農村を支えたいと思っていただける方を1人でも増やしていきたい」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る