想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

今年も「バケツ稲づくりセット」27万セット配布 JA全中2021年1月8日

一覧へ

JAグループは「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、次世代を担う子どもたちに、バケツで手軽に米づくりが体験できる「バケツ稲づくり」事業を推進している。今年も「バケツ稲づくりセット」を27万セットを用意。1月12日から学校・団体・法人の先行予約の申し込み受付を開始する。

バケツ稲づくりセットバケツ稲づくりセット

小学校での栽培の様子(群馬県)小学校での栽培の様子(群馬県)

「バケツ稲づくり」は、種まきから収穫、脱穀、そしてお米を炊くところまで、初心者でも簡単にできるのが特徴。JA全中では、栽培に必要な関連資材をまとめた「バケツ稲づくりセット」を全国の小学校・幼稚園・保育園などの教育機関、個人に無償(送料別途)で提供している。
教育機関では総合的な学習の時間や社会科の食育教材として、家庭では昔の田園風景を伝える家族団らんのツールとしても活用されているという。「バケツ稲づくりセット」の配布数は、平成元年の事業開始から昨年度までの実績で1066万セットを超えている。

申し込み内容などは次のとおり。
■セット内容
〇種もみと肥料セット(発芽率の高い種もみを選んでいる)
〇「バケツ稲づくりマニュアル(解説書)」
〇「お名前シール」(児童の名前、栽培開始日を記入してバケツ側面に貼付可能)

■提供数
27万セット(提供は日本国内に限る)

■受付期間
〇学校・団体・法人受付 1月12日(火)から
〇個人受付 3月8日(月)から
※発送時期 3月8日以降、順次発送。配付予定数が無くなり次第受付を終了(5月下旬を予定)

■申し込み方法〈インターネット申し込み先〉
JAグループ公式ホームページ「お米づくりに挑戦Webサイト」の「バケツ稲づくりセットのお申し込みフォーム」で申し込む。

■問い合わせ先 「JAグループ バケツ稲づくり事務局」
〇〒110-8722 東京都台東区秋葉原2-3 日本農業新聞
〇電話 03-6281-5822
〇受付時間 月~金 午前10時~午後5時(土・日曜日・祝日は除く)

■主催:全国農業協同組合中央会(JA全中)

【お米づくりに挑戦Webサイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る