想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ブラウブリッツ秋田 キャンプに向け秋田県産農畜産物を贈呈 JA全農あきた2021年1月20日

一覧へ

JA全農あきたは1月14日、「2021明治安田生命J2リーグ」の開幕に向け、県外で2次キャンプを行うサッカーJ2のブラウブリッツ秋田を応援するため秋田県産農畜産物を贈呈した。

ブラウブリッツ秋田 キャンプに向け秋田県産農畜産物を贈呈 JA全農あきた左から輪笠選手、中村選手、JA全農あきた佐藤副本部長、ブラウブリッツ秋田 岩瀬社長、山田選手(秋田市のあきぎんスタジアムで)

同クラブは昨シーズン、秋田県民の悲願だったJ2に昇格。JA全農あきたは、その活躍を陰ながら支え、同クラブのキャンプ前に秋田県産農畜産物を贈呈するのは今回で8年目となる。今年は、「秋田県産あきたこまち」400キロ、県産りんご、トマト100%使用のジュース「"のむ"りんご」「"のむ"トマト」の合計60ケースと秋田県産豚肉50キロを贈呈した。

秋田市の「あきぎんスタジアム」で行われた贈呈式では、ブラウブリッツ秋田の岩瀬浩介社長が「我々のプレースタイルのひとつである『秋田スタイル』では粘り強く戦うことを掲げている。そのエネルギーになるのが『あきたこまち』。県外でも秋田産を食べてJ2の舞台で戦っていきます」と長年のサポートに感謝を述べた。

また、JA全農あきたの佐藤英一副本部長は「新型コロナウイルスの影響に加え、大雪で県内生産者に被害が出ている。選手のみなさんには雪解けできるくらいの熱い闘志を持ち、J2の舞台で活躍していただきたい」と激励し、山田尚幸選手、中村亮太選手、輪笠祐士選手に目録を手渡した。

山田選手は「キャンプ地でも秋田の農畜産物を食べることができてうれしい。1年間戦い抜ける体を作ってきたい」と抱負を述べた。

JA全農あきたは、昨シーズンに引き続き2021シーズンもユニフォームスポンサーとしてブラウブリッツ秋田を応援する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る