Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

直売所の活気をライブ配信-JCA2021年1月22日

一覧へ

日本協同組合連携機構は1月21日、直売所の活気を身近に感じるバーチャルまるしぇのライブ配信を始めると発表した。

コロナ禍で人の移動が制限されるなか、農産物直売所を食育ソムリエと回遊して地場産農産物の魅力を感じてもらおうという取り組み。

巣篭り生活が長引くなか、国産農産物、食の役割が見直されていることをふまえ、この「食育ソムリエバーチャルまるしぇ」で畑直送の生命力あふれる農産物や季節を感じられる旬の農産物をリポートする。

食育ソムリエは直売所をおもな活動拠点とし、食と農をつなぐ食育の実践者で、JCAが実施する養成講座受講者を認定している。現在、約3000人の食育ソムリエが活動している。

ライブ配信は1月31日から。JAはだのの「じばさんず」から食育ソムリエがレポートする。時間は午前8時30分から。JCAは配信を保存しアーカイブの視聴も可能。

レポートでは直売所が今、伝えたい食材の紹介や、米の消費拡大につながるような食べ方なども提案していく。直売所の農産物をネットで購入できる場合はその方法を伝えるほか、電話やFAXなどでも取り寄せができるよう対応するという。

JCAの加藤美紀マネージャーは「地域ごとの個性豊かな食材や食文化を楽しむ機会を提供できれば。食べて応援という運動につなげてほしい」と話す。

その他の日程は以下の通り。配信日は2月6日から3月20日までの土曜日でライブ開始時間はいずれも直売所の開店前に行うため8時ごろになるという。

○2月6日(土)JAめぐみの「とれったひろば」

○2月13日(土)JAあいち中央「でんまぁと」(調整中)

○2月20日(土)JAあぐり夢みなみ「はたけんぼ」

○3月6日(土)JAあぐりタウン「げんきの郷」(調整中)

○3月13日(土)JA静岡市「南部じまん市」

○3月20日(土)JA紀の里「めっけもん広場」

ライブ配信の視聴:
フェイスブック「食育ソムリエページ」 ユーザーネーム@syokuikusommelier

アーカイブの視聴
インスタグラム「食育ソムリエ」 ユーザーネーム:syokuikusommelier

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る