想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

令和3年度会長に柿嶌副会長が立候補-JA全青協2021年2月18日

一覧へ

令和3年度のJA全青協の会長に柿嶌洋一副会長が立候補を表明し、16日のJA全国青年大会で決意表明を行った。

決意表明をする柿嶌副会長決意表明をする柿嶌副会長

柿嶌副会長は、今年度、ウェブ会議など新しい様式を取り入れて執行部メンバーとともに学習し、とくにポリシーブックを活用して農業、農政課題を深堀し、政策提言に向けて議論を重ねるとともに、第29回JA全国大会議案の検討にも参加し10年先のJAグループの目指す姿についても議論してきたと活動を紹介。

そのうえで、「今こそJA青年組織はJA運動の先駆者として実践する自主的な組織であることを再認識し当事者意識を持って根底から組織活動を見直すことが必要だ。ポリシーブックというフラッグを掲げJAの事業運営に積極的に参画することが求められている。6万盟友の希望の灯を、先輩から受け継いできた誇り高き青年の情熱を協同の力を絶やすわけにはいかない。実り多き活動が実を結ぶよう力を尽くしたい」と決意を述べた。

1980(昭和55)年2月生まれ。JA信州うえだ青年部所属。水稲15ha、花き2ha、蕎麦、大豆20ha。

3月10日のJA全青協臨時総会で選任が行われる。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る