Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第14回全農ミックスダブルスカーリング選手権 吉田・松村チームが優勝 JA全農2021年3月1日

一覧へ

JA全農が特別協賛した「第14回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会」の決勝戦が2月28日、青森県青森市の「みちぎんドリームスタジアム」で開かれ、吉田夕梨花選手(LOCO SOLARE)と松村雄太選手(コンサドーレ)の吉田・松村チームが優勝。ミックスダブルスカーリングの日本代表チームに決まった。

優勝の「吉田・松村」チーム優勝の「吉田・松村」チーム

JA全農は、優勝したチームへ副賞として開催地の青森県産米「青天の霹靂」を300キロと青森県産和牛800グラムを贈呈。吉田選手と松村選手は、全農 広報・調査部広報SR課の太田純課長から大きな米俵を笑顔で受け取った。さらに、「海外遠征時のお食事サポート券」も贈呈。JA全農は、これから一年間日本代表チームとして海外に遠征する際、パックご飯や梅干しなどの「ニッポンの食」を提供し現地での食事をサポートする。4月に開幕する「2021年世界ミックスダブルスカーリング選手権大会(開催地未定)」に向けて、希望する食材のヒアリングを行うなど、準備を始めた。

選手向けの「もぐもぐブース」選手向けの「もぐもぐブース」

JA全農が協賛する国内大会ではおなじみの「もぐもぐブース」は今大会も盛況で、選手がハーフタイムにエネルギーを補給する食材を提供。出場選手と大会を「ニッポンの食」で応援した。ラインナップは日替わりで、飲むヨーグルトやりんごパイのほか、開催地・青森県産のお米を使ったおむすびも毎日具材を変更し、選手が楽しみながら栄養補給できる食材を取り揃えた。

また、Twitterアカウント「全農広報部 スポーツ応援」では、スポーツに関わる情報や、全農が「食」を通じてアスリートをサポートする取り組みなどを発信。今大会でも試合結果や大会の開催を記念し、入賞チームに贈呈した副賞の一つと同じ青森県産米「青天の霹靂」5キロが抽選で10人に当たるプレゼントキャンペーンを実施。同キャンペーンでは「#頑張れカーラー」で出場選手への応援メッセージも募集し、約2週間で2000件以上の応募があった。

<大会結果と副賞>
■優勝
吉田・松村(吉田夕梨花選手、松村雄太選手)
・青森県産米「青天の霹靂」300キロ
・青森県産和牛800グラム
・海外遠征時のお食事サポート券

■準優勝
松村・谷田(松村千秋選手、谷田康真選手)
・青森県産米「青天の霹靂」150キロ

■3位
小穴・青木(小穴桃里選手、青木豪選手)
・青森県産米「青天の霹靂」50キロ

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る