Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

食味ランキングで県内初の特Aダブル取得 JAグループ鳥取2021年3月29日

一覧へ

日本穀物検定協会が発表した「食味ランキング(令和2年産米)」で、鳥取県産「コシヒカリ」と「きぬむすめ」が最高位の「特A」を取得したが、JAグループ鳥取と鳥取県は、3月24日に鳥取県庁で記念セレモニーを開催した。

特Aのダブル取得を祝う関係者ら特Aのダブル取得を祝う関係者ら

「食味ランキング」の最高位「特A」の取得は「コシヒカリ」が初、「きぬむすめ」が2年ぶり6回目。このほか同県では「ひとめぼれ」も出品し、「A」を取得している。昨年は長梅雨や猛暑、台風などの厳しい気象条件にも関わらず、生産者・関係者の日々の努力が成果に結びついたといえる。

記念セレモニーには鳥取県の平井伸治知事をはじめ、JA鳥取県中央会の栗原隆政代表理事会長、JA全農とっとりの尾崎博章県本部長、JA鳥取いなばの植田典男代表理事常務、JA鳥取中央の戸田勲代表理事常務、JA鳥取西部の大塚博幸代表理事常務らが出席。おにぎり型のくす玉割りや横断幕を披露し、特Aのダブル取得を祝った。

JA鳥取県中央会の栗原会長は「農家の皆さんの努力もあり、『コシヒカリ』が長年の念願だった特Aを取得でき大変うれしく思う。来年は『星空舞』を含めた継続的な特Aの取得に向け、同県産米の食味・品質の高位安定化を目標に、県産米のさらなる飛躍に期待したい」と意欲を見せた。

「食味ランキング」には全国で154産地の銘柄が出品され、うち特Aに53銘柄が選ばれた。JA全農とっとりが扱う「コシヒカリ」と「きぬむすめ」の米袋に特A取得シールを貼りPRする。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る