Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小学生以下の日本一決める「全農杯 2021年全日本卓球選手権大会」開幕2021年3月31日

一覧へ

JA全農は、4月に開幕する「全農杯 2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」に特別協賛する。今年は4月3日の和歌山県大会を皮切りに都道府県大会を開催。7月22日~25日の日程で神戸市で開かれる全国大会をめざし子どもたちが各地で熱戦を繰り広げる。

2019年大阪府大会の様子2019年大阪府大会の様子

同大会は小学6年生以下のホープス、同4年生以下のカブ、同2年生以下のバンビの各種目の頂点を決める大会で、各都道府県大会を勝ち抜いた子どもたちが全国大会へ出場する。

JA全農は2013年から同大会に特別協賛しているが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今年は2年ぶりの開催となる。JA全農は各都道府県大会で副賞として地元産の米や肉、加工品(飲料品・レトルトカレー等)などを提供。出場する選手を「ニッポンの食」で応援する。また参加賞としてお湯を入れるだけで炊き立てのごはんが味わえる新商品の「インスタントごはん」を提供する。

同大会を経て現在も世界で活躍している選手が多く、今大会も未来のスターとなる子どもたち約8000人(2019年実績)が出場する。

2019年福岡県大会の副賞贈呈2019年福岡県大会の副賞贈呈

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る