Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会 四国大会は徳島ヴォルティスジュニアが優勝2021年4月5日

一覧へ

JA全農が特別協賛する小学生の8人制サッカー大会「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」の四国大会が4月3日と4日、高知県香南市の「野市ふれあい広場サッカー場」で開かれ、四国地方の各県大会を勝ち上がった12チーム、216人の小学生が出場した。全24試合が行われ、徳島ヴォルティスジュニア(徳島県)が優勝。全国大会への切符を獲得した。

生憎の天気の中、熱戦が繰り広げられた生憎の天気の中、熱戦が繰り広げられた

「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」は、全国9か所で地区大会が開かれ、勝ち上がった16チームが5月に日産スタジアム(横浜市)で開催の全国決勝大会へ出場し、日本一が決まる。

大会2日目の4日は序盤から白熱したゲームが展開。当日は雨も降る中、熱戦が繰り広げられ、決勝は、徳島ヴォルティスジュニア(徳島県)と沖洲フットボールクラブ(徳島県)の徳島県勢同士の対戦。白熱した試合展開の末、4-0で制した徳島ヴォルティスジュニアが優勝し、5月の全国決勝大会へ四国地区代表として出場する。

表彰式では、全農の広報・調査部 新妻成一部長が「スポーツをする上で食べることは重要。新鮮な国産農畜産物をしっかり食べて、丈夫な体をつくってください」とあいさつした。入賞チームと全出場選手への参加賞として、四国地区の4県(愛媛・徳島・香川・高知)のお米やジュースなどの国産農畜産物を贈呈。

大会の様子は、全農の公式Twitter「全農広報部スポーツ応援」アカウントで公開している。

■出場選手への提供商品一覧

・徳島すだち微炭酸「飲料」、ザすだち「飲料」、ザすだちカート缶「飲料」(全農徳島県本部)

・POM愛媛ぽんかん、POMつぶつぶ愛媛みかん(全農愛媛県本部)

・ほんまもん麦茶(PET)、ほんまもん緑茶(PET)、おいでまい無菌パック(香川県農業協同組合)

・土佐の緑茶、土佐の番茶、高知ゆずドリンク(高知県農業協同組合)

・インスタントごはん(全農 広報・調査部)

優勝した徳島ヴォルティスジュニア優勝した徳島ヴォルティスジュニア

【全農広報部スポーツ応援】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る