Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

パッションフルーツの緑のカーテンで暑さ対策 JA大北女性部白馬支部2021年5月31日

一覧へ

JA大北女性部白馬支部は5月7日、Aコープ白馬店でパッションフルーツの栽培講習会を開催した。

パッションフルーツ栽培講習会の様子パッションフルーツ栽培講習会の様子

パッションフルーツは、アメリカ大陸の亜熱帯地域を原産とする時計草科の果物。成長するにつれてつる状に伸び、厚みのある葉は日差しを遮るグリーンカーテン(緑のカーテン)にもなるため、近年では暑い夏を乗り切るエコな暑さ対策として注目されている。

今回の講習会は、JAくらしの活動の環境保全と地球温暖化環境教育の一環として開催。同時に、各家庭で植物の栽培を行うことで、JA女性部全体として取り組むSDGs活動に結びつけ、SDGs13番目の項目である「気候変動に具体的な対策を」と、15番目の「陸の豊かさを守ろう」を実践していく。

当日は同支部員からの声掛けもあり、地域住民も合わせた18人が講習会に参加。実際に栽培を行っている同支部の平瀬久美子部長が講師となり、パッションフルーツの植え付けから、花芽が出るまでの栽培管理について説明し、参加者らは興味深く耳を傾けていた。

講習会終了後には、苗の販売が行われ、参加者全員が苗を買い求めた。参加者は「パッションフルーツの栽培は初めてだが、うまく育ってほしい」と話していた。

同支部では、花芽が出始める6月上旬から中旬頃に2回目の栽培講習会を予定している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る