Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花に触れ心を育てる「花育」授業実施 学校教育支援事業 JAふくしま未来2021年6月15日

一覧へ

JAふくしま未来は6月16日、花に触れ心を育てる学校教育支援事業「花育」の令和3年度第一回目の授業を伊達市立伊達小学校で実施する。

令和元年度の「花育」授業で生け花を体験する児童令和元年度の「花育」授業で生け花を体験する児童

同事業は、学校教育支援事業の一環で、日本の伝統文化や地元産業への理解を深めてもらう取り組みとして実施。2011年から始まり11年目となる今年度は、JA管内87の小学校3436人の児童が対象で、第一回は伊達小学校の5年生86人を対象に行われる。

都市部を中心に花や緑に触れる機会が減るなか、同JAは、「花育」が文化や社会の学びだけではなく、花(いきもの)を扱うことで命の大切さや、自然に触れることでの癒しの効果を期待できる情操教育として力を入れて取り組んでいる。

講師による生け花の授業の様子講師による生け花の授業の様子

授業では、いけばなの流派「池坊」の講師によるいけばなの始まりや歴史を学び、実際に児童がいけばなを制作し片づけ方や世話の仕方など、花と心と心で会話することを習う。また、同JA管内で生産されている花についてクイズにしながら紹介する。

これまでに参加した児童からは「お花も人間と同じいきもので、命があることを学んだ」「花を生けたことがなかったが、花の向きや配置で同じ花なのにみんな違う作品になっておもしろいと思った」などの感想があった。また、保護者からは「花に親しむことで、きれいという感情や水をあげるというお花との関りを改めて体験でき、やさしい気持ちを感じられてよかった」「花を生ける機会は、子どもたちのリフレッシュにつながったと思う」などの声が寄せられている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る