人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

小学生と大豆の種まき、夏野菜を定植 JAいしのまき女性部桃生地区2021年6月16日

一覧へ

JAいしのまき女性部桃生地区は6月9日、石巻市立中津山第一小学校で、大豆の種まきと夏野菜の苗の定植を行った。

大豆の種まきの様子大豆の種まきの様子

この活動は、子供たちが自分で作物を育てることで、食べ物の大切さや農業に興味を持つきっかけをつくる取り組みとして、毎年恒例になっている。

当日は2年生15人が参加し、同女性部員が大豆の種まきの方法などを分かりやすく説明。児童たちは、手渡された大豆の種2粒ずつを指で間隔を測りながらまき、その上に部員らが土をかぶせた。

その後、ナスやミニトマトなどの夏野菜の苗の定植を行った児童たちは、「元気に成長してほしいから、毎日水やりを頑張りたい」と話し、大豆と夏野菜の成長を楽しみにしていた。

同女性部の千葉美津江桃生地区部長は、「子供たちが土に触れ、少しでも農業が楽しいと感じてくれれば嬉しい」と話した。

今回種をまいた大豆は、夏に半分収穫して枝豆として味わい、残り半分は11月頃に収穫し、同校で毎年取り組んでいる豆腐作りに使う予定となっている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る