Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

消費者と生産者がリアルタイムで繋がる牧場体験 JA全農2021年7月20日

一覧へ

JA全農は協同乳業と協力し、酪農と牛乳乳製品の魅力を発信する「酪農の輪 プロジェクト」の一環として、生産者と消費者をリアルタイムで繋ぐ「オンライン牧場体験」企画を開始する。

農協牛乳の広告欄(左)と山岸牧場の様子農協牛乳の広告欄(左)と山岸牧場の様子

「酪農の輪 プロジェクト」は、牛乳の消費拡大と生産基盤の安定に資することを目指し、消費者・流通と酪農家との相互理解の促進や牛乳乳製品の魅力を発信する取り組み。

しかし現状は、コロナ禍で人の交流が制限され、消費者と牧場との距離が遠くなっている状況にある。そこで、国産の牛乳・乳製品への愛着を深めてもらいたいという願いをもとに、農協牛乳を通じてオンライン牧場体験の取り組みを行い、消費者に酪農の現場をより身近に感じてもらうプロジェクトを企画した。

牧場主の山岸さんと娘の愛さん牧場主の山岸さんと娘の愛さん

〈企画概要〉
「夏休み・親子でオンライン牧場体験ご招待キャンペーン」として、農協牛乳の側面広告や協同乳業公式Twitterを通じて募集。当選した60組を、8月24日、25日に開催される「オンライン牧場体験」に招待する。

今回オンラインで繋がる牧場は、北海道十勝士幌町で300頭の乳牛を飼っている(株)社山岸牧場。当日はオンラインでのやりとりに加え、参加者には教材として乳牛が普段食べている牧草などを届け、牧場のにおいや感触も感じられるよう工夫を凝らしている。なお、会場の山岸牧場の紹介動画をYouTubeでアーカイブ配信する。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外食需要などの落ち込みが続く中、生乳需給の緩和が懸念されている。こうした活動を通じ、酪農や牛乳乳製品の魅力を発信するとともに、酪農業界を取り巻く環境についても理解醸成を図ることで、消費者・流通業者・酪農家との相互理解を促進していくとしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る