人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「農業は国の礎」との思いを基本法に 全青協新執行部が会見2023年5月19日

一覧へ

5月18日の第70回通常総会で発足したJA全青協(全国農協青年組織協議会)の新執行部は5月19日、記者会見を開き、稲村政崇会長らが抱負を語った。政府内で進められている食料・農業・農村基本法の見直しについて、稲村会長は「日本で日本の皆さんが食べるものを作り続けていけるかが争点だ。農業は50年、100年続けていかないといけない産業で国の基。日本(政府)が農業を礎と本当に思ってくれているのか。それが見えるような内容になれば未来への希望が出てくる」との見解を示した。

「農業は国の礎」との思いを基本法に 全青協新執行部が会見

会見の冒頭、稲村会長は今年度の活動方針について「(全青協の)メンバーは10年、20年後も農業のプレイヤーだ。農業を続けていくためには、私たちより後の人間も育てていかないといけない立場にある」とした上で、「いま一度、協働組合の原理・原則に立ち返ることをスローガンとして取り組みたい」と話した。資材の高騰など農業の厳しい状況を変える「特効薬はない」としながらも、国民との対話で理解を醸成し、内外の各団体とも協力しながら、「この状況を変えていきたい」との決意を示した。

稲村会長は青年組織の基盤つくりについては、新型コロナウイルスが5類に移行したことを踏まえ、他の一次産業を支える担い手との連携を深めるなど、「直接対話をする機会を増やしたい」とし、「盟友数は減っているが基幹的農業従事者の青年組織加入率は上がっている。少しでも魅力ある発信をしたい」と述べた。

また洒井雅博副会長は「全国の4万8000人の盟友が自分事として思ってもらうような組織活動をしていきたい」と抱負を語り、前原祐樹副会長は「全青協のポリシーブックを使い、(各関係者と対話を進めることで)厳しい農業状況を打破するきっかけにしたい」と話した。

【全青協新執行部】(敬称略)
会 長 稲村政崇(JA北いしかり青年部)
副会長 洒井雅博(JA東京あおば青壮年組織協議会)
副会長 前原祐樹(JAいぶすき青年部)
理 事 五日市達洋(JA新いわて青年部)
理 事 萩谷龍司(JA常陸青年部)
理 事 高本祐輔(JA白山青壮年部)
理 事 中早大将(JA紀州青年部)
理 事 武内誠(JA YOUTH広島市)
理 事 堤祐輔(JAさが中部地区青年部)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る