人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

ポリシーブック基軸に活動を展開 仲間づくりにも力 JA全青協2023年5月19日

一覧へ

全国農協青年組織協議会(JA全青協)は5月18日、東京・大手町で第70回通常総会を開き、2023年度から3年間の中期活動目標と23年度活動計画を決めた。

(右から)稲村政崇会長(JA北いしかり)、前原祐樹副会長(JAいぶすき)、酒井雅博副会長(JA東京あおば)(右から)稲村政崇会長(JA北いしかり)、前原祐樹副会長(JAいぶすき)、
酒井雅博副会長(JA東京あおば)

中期活動目標では「JA全青協ポリシーブック」が青年組織の基軸であることを改めて確認し、学習や仲間づくりなどの「自助」、JA経営への参画などの「共助」、政策提言や地域社会への情報発信など「公助」の活動に取り組む。

23年度活動計画では盟友の成長に向けた各種研修会の実施や参加、青年部の新規設立や新規盟友の加入促進などに力を入れる。また、JA役職員との対話、JF漁青連や4Hクラブなど外部団体との意見交換を行い、組織活性化に向けた方策を検討する。

今総会で退任した佐藤崇史会長は各県の会長らに向け、JA青年組織綱領にある「誇り高き青年の情熱が好きな言葉だ」として「熱は必ず伝わる」と各地の活動活性化を期待した。

新会長には稲村政崇前副会長が就任。コストが上昇しても価格転嫁が進まず厳しい農業情勢にあるなか「法整備も大事」としながらも、「情報をしっかり正しく伝えることは青年組織としてできることだ」と強調した。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る