左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
2・PC:朝日アグリア・エコレット
2・SP:朝日アグリア・エコレット

5社が日向夏ニッポンエール製品一斉発売 初の試み JA全農2023年5月23日

一覧へ

JA全農は5月23日、今年1月に発足した「ニッポンエールプロジェクト協議会」の取り組み第一弾として5社による「宮崎産日向夏」を使用した8商品の発売会を開いた。「ニッポンエールプロジェクト」のブランドのもと、1つの農産物について、同じテーマで、複数社が同時期に商品を発売することで、より多くの売り上げ、認知度を確保するという相乗効果を狙ったもの。商品は5月中旬から順次、発売されている。

ニッポンエール「日向夏」商品発売会の様子ニッポンエール「日向夏」商品発売会の様子

「ニッポンエール協議会」は国産農畜産物の消費拡大や生産振興に関わる企業が集い、同じテーマで商品を開発・販売し、共同でPRやキャンペーンを展開することで産地を応援していくプロジェクト。その最初の試みが日向夏で、伊藤園、大関、栗山米菓、不二家、山崎製パンがそれぞれ商品を開発し、全国農協食品を含め、12の商品が販売される。

JA宮崎経済連によると、「宮崎産日向夏」は宮崎県の収穫量のうち約40%を加工用として使用しているという。今回はフードロス削減の観点から、市場流通していない日向夏も活用している。

JA全農の桑田義文専務は「異なるメーカーが集い、同じテーマで商品を販売することで、日向夏の認知度を上げていきたい。集合陳列を意識していく」と述べた上で、「(消費者が)日向夏を実際に手にしていただく機会が増え、販売価格に反映していくことが重要だ」と強調した。また長野県産のりんごでの企画も検討しているという。

ニッポンエールブランドを説明する山本未來さんニッポンエールブランドを説明する山本未來さん

発売会では寛斎スーパースタジオのプロデューサーで女優の山本未來さんが「ニッポンエール」のデザインコンセプトを改めて説明し、「国産への愛、応援、日本を支えたいという気持ちをストレートに表現した」と話した。

「日の丸を取り入れ、四季を4つのアイコンで表し、国産というくくりをせず、47都道府県産という部分にこだわった。温かみのある手書きのイラストは大切なモチーフだ」とも説明した。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る