人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

宮城から鹿児島へ 稲WCSが初出荷 耕畜連携スタート2023年11月7日

一覧へ

JA全農みやぎと北日本くみあい飼料、JAいしのまきは11月6日、鹿児島県から供給された堆肥ペレットで生産した稲WCSを鹿児島県に向けて初出荷した。

鹿児島に向けWCSをトレーラーに積み込む鹿児島に向けWCSをトレーラーに積み込む

JA全農みやぎとJA鹿児島経済連は今年2月、県域間での耕畜連携をめざし堆肥ペレットと稲わらの広域流通実証試験を開始した。

鹿児島県からの堆肥ペレットは60tでJA新みやぎ、JA古川、JAいしのまきにそれぞれ20tずつ供給され、稲WCS(稲発酵粗飼料)を生産した。

今回出荷されたのはJAいしのまき管内で生産したWCS24t(80本)。当日は同JAの桃生カントリーエレベータの敷地で2台のトレーラーに積み込み出荷した。3日かけて陸送し、9日朝、鹿児島経済連の畜産施設に到着し、そこから県内の畜産農家に供給される。

今後、12月初旬までに3回、同様の方法で輸送され、全体で320本、96tを出荷する。

鹿児島県から供給された堆肥ペレットは鶏糞、豚糞、牛糞を成分バランスよく配合したもので、ペレットのため多くの生産者が所有している通常の散布機を活用することができる。

一方、宮城県からは良質な稲わら、稲WCSを生産・供給するという両県の距離1500kmを結ぶ耕畜連携で自給率を高め、輸入依存度を下げる取り組みとなる。

コストを抑えるには運賃が問題で今回は両者がスケジュールどおりに現地で作業を行うため陸送による運搬としたが、取り組みが継続し安定供給できるようになれば貨物やフェリーなどの手段を組み合わせることも検討できるという。

JAいしのまきの松川組合長JAいしのまきの松川組合長

同日の出発式でJAいしのまきの松川孝行組合長は「肥料も飼料も高騰し、このままでは生産意欲が減退してしまう。安心・安全な畜産のためにも国内で飼料を生産しなければならない。この先も継続して取り組みが進み、農家の生産拡大と所得向上につなげていきたい」と述べた。

(関連記事)
宮城の稲わらと鹿児島の堆肥を広域流通へ 鹿児島県経済連と全農宮城が連携、循環型農業目指す

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る